グラフィックデザイナーの経営者的日々::Viju_log::

SOHOフリーランスグラフィックデザイナの日常。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DTP
シェアブログcreateに投稿

DTPも重要な収入源です。今扱っているのは、代理店のディレクターがラフを描いてくれて、データはほとんど流用です。クリエイティブな仕事は少しだけ、パーツをデザインするくらいですけど、大切なお仕事です。

ラフ通りにはレイアウトできない部分もけっこうあって、そこをなんとかするのもパズルみたいでおもしろいです。ルールの中で、いかにきっちり仕事をして、納期内で売れる媒体に仕上げて行くかっていうのがチャレンジ精神を刺激されます。

どんどん手を動かしていけばいいのでスケジュールを立てやすく、気持ち的には楽な部分があります。それで、予定通り行くとして、本日のノルマを達成。ちょっと休憩中です。

あすとあさってはほかの予定もあって丸々時間を使えないので、これからもう少しあしたの分もやっておこうかな。…って、日付変更線変わりそうですね。

ビジネスブログ・ランキング。あなたのクリックで1票入って喜びます。感謝。

テーマ:デザイナーの仕事 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
DTPDTP (Desktop publishing、デスクトップパブリッシング)とは、日本語で卓上出版を意味し、書籍、新聞などの編集に際して行う割り付けなどの作業をコンピュータ上で行い、プリンターで出力を行うこと。"Desktop publishing" の言葉は、その嚆矢となったページ
2007/03/20(火) 00:41:19 | コンピューターグラフィックス
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。