グラフィックデザイナーの経営者的日々::Viju_log::

SOHOフリーランスグラフィックデザイナの日常。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モノヅクリ
シェアブログcreateに投稿

おかげさまで、まだ取り組むべき案件はかかえていますが、いくつか入稿を終えたので、きょうは次に取りかかる前のリセット期間として、ためていたブログの更新に励んでいます。

わたしはほんとうにモノヅクリが大好きです。子供の頃は、絵を描くのはもちろんのこと、人形を作って人形の服ははぎれで縫ったり、手提げ鞄を作ったり、編み物も大好きでした。

人形も買ってもらえなかったし、ちょっとでかけるのにも紙袋すらなかったという貧乏な家庭事情も影響があるのかもしれません。近所のおばさんが、毛糸の色見本をくれたときはとてもうれしくて、きれいなグラデーションにわくわくして見とれていました。

服を作ったりデザインするのが好きで、中学生のころは、ちょっぴりファッションデザイナーに憧れた時期もありました。でも華やかなファッションデザインの世界など、貧乏な田舎暮らしのわたしには別世界のおとぎ話、とても実現できる夢とは思えず、また、どうやってなるのかもわかりませんでした。

おとなになってからは、子供や姪っ子に手作りの服を作って楽しみました。キャラクターや自作の絵柄を編み込んだセーターや、フリルいっぱいのワンピース、オリジナルデザインの水着も作って着せていました。小さい子のビキニ姿はかわいかったですよ。当時のものが写真も残っていないので披露できないのが残念です。

また、写真を撮るのも昔から好きでしたから、一眼レフで子供たちをたくさん撮りました。まじめに並んでいるのじゃなくて、犬と戯れたり友達と遊んだり自然な姿を収めていました。あのころの写真を超えるいい写真は今は撮れません。

そんな写真がたくさんたまって、そこからピックアップしてミニ写真集も作りました。手作りの1点ものです。表紙には、服を作ったときの残り布を貼付けたんですよ。素敵でしょ。

mini本

タイトルがダサイのはお見逃しください。まだデザイナーになる前のことなので(^^;

今、ファッションデザインとは180度違うグラフィックデザインの仕事をしています。ジャンルは違っても、クリエイターという仕事に携わって生きていけていることに感謝しています。選んだ道は…というよりも、自然にこの道に導かれたように思います。

どんなに仕事がきつくてもぜんぜん苦痛じゃない、むしろ楽しみと喜びに満ちています。(当時と今の間にはマイドラマがあって、それはまた別の機会に書くことにします。)

デザイナーはアーティストとは異なり、仕事で自分の好きなようにつくることはしないし、「作品」でもないかもしれません。クライアントの要望に応え(むしろ超えて)、それによって依頼主の商品が売れたり会社が儲かったりするためのビジュアルを作るのが目的です。

超一流デザイナーでもなければ、商業印刷物に制作者の名前はつきません。仕事の成果物や個人で作った作品は、次の仕事を獲得するための販促ツールという位置づけです。

営業活動は大事ですが、そういった世俗感覚から離れ、ほんとうに作りたい、創りたいという衝動に動かされてモノをツクルことも大切な部分です。たまに、憑依霊に取り憑かれたように、夜も寝ないで創り始めることがあります。

 Tree  油絵

衝き動かしてくれる見えないエネルギーを大切にして、モノヅクリと関わっていきたいと思います。そしてキャリアが長くなっても、初心と遊び心も忘れずにいたいです。

 ビーチ絵

クリエイターにとって、発表することはとても重要。人に見てもらわなければ、作らなかったことと同じだと教わりました。発表することで作品が完成すると言ってもいいのではないでしょうか。

インターネット以前は、コンクールに応募するとか、個展を開くとか敷居の高いことでした。わたしはせいぜい身近な人に見せるだけでした。

今は発表の場が多く用意され、開かれています。場はいくつあってもいいと思います。そこに発表するという具体的な目標ができると、制作意欲が確実に高まります。

つくレビ』というのを知りました。『つくレビ』は、ものづくりする人の支援だけでなく、それを鑑賞する人をサポートできる場をめざす新しいカタチSNSだそうです。

ざっと見たところ、若い人が多いように思いました。これからの夢に向かって、作品を発表したり仕事を探したり、パワフルな熱さを感じました。若い人もベエランも混ざって、どんどん活用してクリエイティブライフを充実させたら楽しいことになりそうです。

子供服とか作ってみたくなりました~♪

つくレビ





いつもありがとうございます。ビジネスブログ・ランキングのほうもクリック応援よろしくお願いします。
古い写真を引っ張りだしてみたけれど、事情により昔の写真のほとんどは手元にないんですよね(^^;

テーマ:デザイナーの仕事 - ジャンル:就職・お仕事

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。