グラフィックデザイナーの経営者的日々::Viju_log::

SOHOフリーランスグラフィックデザイナの日常。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
歯の治療(続き)
歯科通いも終盤に近づきました。前に書いたかどうか、書いたとしても公開したかどうか記憶が怪しいのですが、最初に電話を入れてから、ドクターの治療に入るまで、かなりの期間がありました。今忙しくないうちに、早くちゃっちゃと片づけてしまいたい気持ちもあって、ちょっと不信感みたいな気持ちが生じた時期もありました。

いろいろネットで調べていて、わかったことがありました。(一般論として)
歯医者さんでは、予約にしていてもブッチする人がいます。患者側としては急用ができたとかの理由で、無断(あるいは直前)キャンセルに対してそれほど気にしていない場合が多いかもしれません。でも歯医者さん側としては実質の損失になります。それで、そのリスクを最小限に抑えるため、予約コマ単位とでもいうのでしょうか、ドクターの診療時間の予約を最小限に抑えたいわけです。

例えば、1回の診療時間を1時間とっていたとして、無断キャンセルがあったら、ドクターの1時間は無駄になってしまう。時給換算にしていくらになるかわかりませんが、かなり高額なのではないでしょうか。その損失をカバーするためになんらかの措置が必要になってくる。リスク回避のために、予約時間単位を最小限にとどめているのでしょう。経営的にはとても納得できる話です。企業の損失は結局は消費者にかぶさってくるわけですから。

もちろん、一度に何本もの治療をするのは患者にとっても肉体的経済的負担になるということもあるでしょう。新患が予約を入れやすいというのもあるでしょう(できるだけ多くの患者に応えたい)。

ドクター治療に入るまでは歯科衛生士さんによる歯磨き指導と歯石取りでした。歯ブラシ2本目を買いました。
「何色がいいですか? 青、黄、緑、ピンク…」
「緑でお願いします」
特に意味はありません。前回が黄色だったので、違うのがいいなと思っただけです。

家に帰ってそれまで使っていた黄色の歯ブラシも、まだ使えるかもとすぐには捨てずに、コップに2本いっしょに入れました。うん~、なんだかペア歯ブラシみたい。いや、例えカレシでも同じコップに歯ブラシ立てない派ですけどね。


投票応援ありがとうございます。

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://viju.blog62.fc2.com/tb.php/517-b3ea405b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。