グラフィックデザイナーの経営者的日々::Viju_log::

SOHOフリーランスグラフィックデザイナの日常。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画『めおん』第2話(長文注意)
日曜日、プチ女優の日でした。

朝、バスの時刻を平日用のを見ていたことに気づいたのは出発予定時刻直前でした。日曜日なので、予定していた便はありません。急遽、別路線の時刻表を見ると、今すぐダッシュすれば間に合う!という状況。急いで戸締まりをして荷持ちを持ってダッシュ。ぎりぎりセーフでした。

9時すぎに集合場所の高松桟橋に到着してFC受付。これから乗る、女木島・男木島と高松を結ぶフェリーのめおん号です。撮影のため、1日借り切っています。

meon2-01.jpg

エキストラ控え室は2階客室の2列。座って間もなく、下の方から
「本番、スタート」
といった声が聞こえてきます。控え室からは状況がわかりません。なんとなく待っています。係留中のゆたゆた揺れる船は苦手。船酔いしないように、海面を見ないように、目をつぶってうとうとしていました。

客室の1列はスタッフさん用となっていますが、ほとんどのスタッフさんはデッキにいるようでした。高松市出身の女優、木内晶子さんら俳優さんたちも出たり入ったりしていました。

デッキでの撮影に出勤姿の男性エキストラさん一人が呼ばれました。船は、高松港近くをぐるぐると行ったり来たりします。サンポートの赤灯台ぎりぎり近くにも行きました。そうこうして待機しているうちに、お昼になり、ロケ弁が配られました。中央給食さんのお弁当です。魚と肉から選べます。

meon2-02.jpg

お弁当を食べ終わると女木島に到着していました。うお~、はじめての女木島上陸です。女木島は桃太郎伝説の鬼が島です。一度訪れたいと思っていたのでした。こんな形で来ることになるとは想像もしていませんでした。

さて、やっとエキストラの出番です。暑い~~~! なんじゃこりゃ。3分日向にいると溶けてしまいそうな(あるいは焦げてしまう)そんな真夏な暑さです。わたしたち数人は、フェリーから島に降りる客の役でした。小道具の乗船券が配られました。降りるときに、俳優の全原さん扮する乗務員さんに切符を渡します。

meon2-08.jpg

(FC撮影。わたしは右端にます)

映画の撮影では、テストとかいろいろあって、数回同じことを繰り返します。乗船券を渡して船の外に出たところでもう一度やり直します。いったん渡した券を返してもらいに全原さんのところに行くと、降りる役のエキストラ全員分の券を返してくれました^^; そりゃ、そうだよね。受け取るのは芝居だけど、ひとりひとり返すのは芝居じゃないもの。それで、わたくしおせっかいおばさんが全部受け取って、みなさんに1枚ずつ配らせていただきました。

そのシーンが終わって、今度は乗船するシーンです。降りた客はもう関係ないので、その間待機です。女性のスタッフさんが気遣って、声をかけてくれました。
「体調はだいじょうぶですか? 日陰でお休みください。お飲物をご自由にどうぞ」
と冷たいお茶を手渡してくれました。その方は真っ黒に日焼けして汗みどろ。映画作りに燃えるその姿は美しかったです。

meon2-07.jpg

鬼の館で休憩。ロビーは満席でした。フェリー乗船券売場、洞窟行きのバスチケット売場、食事などできる休憩所などがありました。館スタッフのおばちゃまが椅子をたくさん持ってきてくれました。ありがとう。とっても気配りの素敵ないろいろと親切なおばちゃまでした。そうそう、今フェリー代金が100円だそうです。観光客が大勢いました。

meon2-03.jpg

でも、ロビーの皆さんがめおんで撮影が行われているのに気づかれたのは、撮影もほとんど終わりに近づいてから。意外と気づかないものですね。

meon2-04.jpg

めおんからエキストラデビューされた方です。第1話の青果市場のシーンでもごいっしょしました。ブロガーさんのようです。写真取りまくってました。(^_^)  わたしはいつも肝心な写真がなくてすみません。まだまだブロガーの道のりは遠い。

meon2-09.jpg

今度はもう一度高松港に戻り、夕暮れに船から降りるシーンです。勝手に、1日の旅に疲れて足取りも重い客、という設定を作り、演技しました。ていうかほんとうに疲れていたので地のまんまなのですが。でも、演技です!

エキストラは出番が終わって(俳優さんの撮影はまだあります)解散。控え室に荷物を取りに戻り、撮影現場近くを通る時、木内晶子さんとすれ違ったのですが、そのときに、木内さんの方から先におじぎをされ、「お疲れさまでした」と、声をかけていただき、感激しました。

バス停に向かう横断歩道でぎりぎり信号が赤に変わってしまいました。信号待ちをしていると、見知らぬおばちゃんが近づいて来て
「なんの撮影な、主演はだれな」
と質問攻めにあいました。それに答えていると、いつのまにか信号が青に変わっていて、乗りたいバスが目の前を。ダッシュすれば間に合ったかもしれないけど、間に合わないかもしれない微妙なタイミング。ていうかダッシュする体力はもうありまへん。荷物もたくさん持っているし。

というわけで、別の路線で近くまで帰り、あとは徒歩で帰宅することに。途中ファミレスでご飯とビール。

meon2-05.jpg

そんな、ぜいたくな時間を過ごせた1日でした。

映画『めおん』公式サイト

投票応援ありがとうございます。

にほんブログ村 デザインブログへ
にほんブログ村
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://viju.blog62.fc2.com/tb.php/506-b4fd7f95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。