グラフィックデザイナーの経営者的日々::Viju_log::

SOHOフリーランスグラフィックデザイナの日常。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほめる
きょう提出したパンフレットの一部、とてもわかりやすくできているとおほめをいただいたのでここに自慢します。ほめられたらだれでもうれしいですよね。がんばったかいがあるというものです。次回もっとがんばれます。そしたらさらにいいものができます。

バレーの練習のときにも言うのですが、むちゃくちゃがんばって拾ってくれたボールは必死でつないで、アタッカーは必ず決めよと。そうすることでレシーバーは次回もっとがんばって、今まで取れなかったボールも上げることができるようになるのです。

それを、もう上がらないとあきらめていて、せっかく上げたボールをイージーに捨ててしまうと、次から同じようにレシーブをがんばるのは難しいです。頭でどうこうでなく、スピリッツレベルの話なのです。

で、ほめられることがうれしいのと同等に、ほめるのもうれしいことです。皆さん、人をほめていますか?

奥様や旦那様、子ども、部下、友達だけじゃなく、上司、親もほめましょう。ほめるのが照れくさいなんていうのは甘っちょろい甘えん坊です。日本人だからとか、なんの理由にもなりません。自分のことしか考えていないから、そんなことを言うのです。

気持ちの裏返しで皮肉ってみたりなんてもってのほか。そういう親に育てられたら子どもは屈折します。素直に褒めなさい。そうすればあなたも必ずうれしくなります。

ただ、ほめられて調子に乗りすぎる人がいます。調子に乗り過ぎて、いかにも自分は特別にすごいんだと勘違いする人です。(←アンタダヨッ!)

す、すみません。調子に乗り過ぎました。

いつも投票応援ありがとうございます。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://viju.blog62.fc2.com/tb.php/213-64c99b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。